アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学費用の返還義務

会社の若手で、大学院在学中に「留学費用の返還義務」について研究していた人がいます。留学後、規定の年数(会社によって違うようですが、3年か5年というのが一般的だという印象を受けています。)勤務せずに退職した場合には、留学費用の返還義務を負うという、会社派遣で留学を考えている人が一度は気にする例のアレの話です。

現在の判例においては、会社が負担した費用の性質により返還義務の有無を判断するということになっているようです。

会社派遣で留学する以上、留学期間中の給与については返還する必要がありません。これは、個別の特約で「留学からの帰国後、○年以内に退職した場合には、給与を含めて留学期間中に会社が支出した費用の全額を返還します。」などという約束をしているような場合にも、当てはまるようです。このような約束は無効であると判断される可能性が高いわけです。

学費についても、留学と業務の関連性が高い場合には返還する必要がなくなることもあるようです。例えば、営業の人がMBA留学する場合には、留学と業務との関連性が非常に高いわけではない(留学しなくても営業活動はできる)ので、学費の返還義務を負う可能性が高くなります。一方で、法務を担当している人がLL.M.に留学する場合は業務との関連性が高くなるので、学費の返還義務を負わなくてよいという結論になる可能性も十分ある、ということでした。

返還義務を負う場合には、留学後の経過年数によって返還金額が減額されるということにはなっていないようです。5年経過すれば返還義務を免れるという場合には、4年11ヶ月が経過したところで退職しても、全額返還しなければならないというのが現在の判例の考え方だということです。

留学期間中の費用を会社が留学生に貸与するという法的構成をとっていたとしても、原則的に同じようです。

私自身が判例等に当たって確認したわけではありませんので、もしかするとうまく理解できていない部分があるかもしれません。ここに書いた内容に間違いや不正確な部分があれば、是非指摘してください。
スポンサーサイト

少しは明るい兆しも・・・

まだ最終決定ではないのですが、少し明るい兆しが見えてきました。少なくとも出願手続きを進めていくことについては、ある程度オフィシャルなゴーサインをもらいましたので、頑張って準備をしていきたいと思っています。

エッセーに取り掛かるといっていたにもかかわらず、もうダメだろうという気持ちのほうが強く、全然手がついていませんでした・・・。短期決戦になってしまいますが、10月末までに納得のできるエッセーを仕上げていきたいと思います。

ちょっと怪しくなってきました・・・

会社の状況がちょっと怪しくなってきました・・・。具体的には書けないような内容なのですが、その影響をモロに受けることになると、会社からの派遣で留学に行くことはできなくなりますので、現在は事態の進展を注視しているという状況です。

万一の場合に備えて、善後策を取ることも視野に入れつつあります。

今の会社を休職扱いにしてもらって、何とか自費で行くというのも選択肢の一つです。LL.M.だと奨学金はもらいにくいという話を聞いたことがあって、私自身はそういうもんだと思っていたのですが、ぶんぶんさんも、とまひれさんも、奨学金の申請をされているようですし、不可能というわけではないようですね。その場合には、さらに1年以上留学を遅らせることになりますが仕方がありません。

また、ロースクールへの留学はあきらめて、仕事に必要な知識は仕事の中でつける、足りない部分はロースクールで使用されるテキストを読んで自力でがんばる、というのも選択肢の一つだと思っています。

2番目の選択肢の亜流という感じになるのかもしれませんが、ロンドン大学の通信コースでLL.B.を取るというのもよいかとは思っています。単に自力でテキストを読んで勉強するだけよりは、テストもあるので勉強を継続できる可能性が高いのではないかと思っています。

ロースクールへの留学をあきらめる場合には、ちょっと他にもいろいろ考えないといけないことが出てくるかもしれません。これについては、実際に動き出してから、ここで書くことにします。9月末か遅くとも10月初旬には、少なくとも方向性は確定すると思います。
なんにしても出願準備は進めていきます。結局元通り留学できることになる可能性も(個人的には高くはないと思いますが)残されているのは事実ですし、ロースクールの中には、入学許可をもらっていれば、1年間は留学時期を遅らせることができるところもいくつかはあるようですし。
一方で、善後策に向けた準備も始めつつありますので、少し忙しくなっていますが頑張っていくしかありません。
はぁぁ、今回はさすがに留学できると思っていたのですが、とことん留学には縁がなさそうです。きっと前世で何かあったんだろうと思います。

Georgetown University Law Center

サマースクールも残すところ、後1日となってしまいました。8月11日(金)の授業は午前中の1時間ちょっとですので、実質的にはもう終わっているということになるのかもしれません。その後は、授業についてのアンケートを提出して、ファイナル・ランチで本当に解散ということになります。
私は8月12日(土)のフライトで帰りますが、受講生の中には金曜日の午後に出発してしまう人もいますので、遊びに繰り出せるのは今晩が最後ということになります。

今日(8月10日)の午後も時間が空いていたので、今度は本当にGeorgetown University Law Center(GTLC)に行ってきました。私が滞在しているジョージタウンはDCの西のほうにあるのですが、GTLCは中心部になりますので、ちょっとした小旅行という気分です。Circulatorというバスに乗って片道30分ほどかかりました。GTLCのホームページには「Union Stationから2ブロック歩く」と書いてあるのですが、Circulatorのバス停はGTLCのすぐ近くにありますので、ほとんど歩かずに、もちろん迷うこともなく、到着しました。 【“Georgetown University Law Center”の続きを読む】

留学には家族と一緒に行くべきか

サマースクール終了後そのままLL.M.に行かれる方の何人かは、サマースクールにも奥さんと一緒に(もちろんお子さんがいらっしゃればお子さんも)いらっしゃっているようです。

私の場合は、好むと好まざるとを問わず、留学するとすれば単身ということになるので選択する余地はないのですが、仮に選べるとしてもやはり単身でということにすると思います。

奥さんも英語がある程度できて、一人で放っておかれても大丈夫、という方なら問題はありませんが、英語ができないのであれば少し辛いような気はします。私の家内は「英語ができる」とは言えない状況ですので、絶対ムリですね。家内にしても特に一緒に行きたいと思っているわけではないようです。

また、留学する本人にしてみても、家族とすごす時間を作るために、その他の時間を削る必要が出てくることもあるかもしれません。留学生仲間と親交を深める機会がなくなるのではないかとも感じています。もちろん、家族が精神的な支えになるということも十分理解できます。

人それぞれでしょうね。あくまでも個人的に単身のほうがいいなぁ、と思っているだけです。もちろん、家族と離れるのも寂しいですので、私自身はお金と時間の許す限り頻繁に帰国したいと思っています。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。