アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の状況

会社の状況が相当なことになっていまして、この3ヵ月ほどは仕事のハイピーク状態が続いています。会社派遣でロースクールに留学をさせてもらうというような話をしてるくらいですのでお分かりいただけるかと思いますが、会社では法務の仕事をしています。会社の状況が大変になると、法務の仕事が忙しくなる、という相関関係があるようです。給料は下がるかもしれませんが、仕事は面白いので、現時点では特に不満はありません。もちろん、不満が全くないというわけではないのですが。

先日も書いたとおり、自費での留学を考えています。留学費用の調達ももちろん課題なのですが、ローンでも何でもすれば何とかなるのではないかと、極めて楽観的に考えています。もちろんあまり根拠がある話ではありませんので、実際に金策に走った時点で現実を思い知ることになるのだろうと思います。根が楽観的ですので、先の話を真剣に心配しても仕方がないと思っています。

少し乱暴かもしれませんが、とりあえず出願の手続きを進めていって、出願直前にいろいろ調整しようかと考えています。それまでに状況が好転する可能性もなくはないですし・・・。(もちろん、状況が更に悪くなる危険性もないではないですが、それは考えないようにしています・・・。)

【2006年2月15日追記】
上の文章を書いた直前までは、プロジェクト対応で本当に大変な状況になっていました。かつては終電を越えて働くことも珍しくはなかったのですが、最近は仕事と家庭と休息のバランスが大事だと考えていることもあり、仕事は割と早めに切り上げることが多くなっていましたので、慣れるまでは少し大変でした。弁護士や契約交渉の相手方はそれこそ1日24時間、1週間に7日間働くような人たちでしたので、時間を合わせるのに苦労しました。
こういう人たちは給料が高いんだろうと思いますが、私は給料が高くてもそんな生活はできません。一方で、仕事は経験がモノを言いますので、「長時間働く=その分たくさん経験を積むことができる⇒仕事ができるようになる」ということも事実だと思いますので、可能な限りたくさん働いたほうが良いとも思っています。悩ましいところです。
子供がもう少し大きくなるまでは、可能な限り子供のために時間を使いたいと考えています。小学校高学年にでもなれば、子供の方から離れていくでしょうからそれまでの数年間は、可能な限り仕事を効率的に片付けて少しでも早く帰れるように頑張りたいですね。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。