アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Georgetown University Law Center

サマースクールも残すところ、後1日となってしまいました。8月11日(金)の授業は午前中の1時間ちょっとですので、実質的にはもう終わっているということになるのかもしれません。その後は、授業についてのアンケートを提出して、ファイナル・ランチで本当に解散ということになります。
私は8月12日(土)のフライトで帰りますが、受講生の中には金曜日の午後に出発してしまう人もいますので、遊びに繰り出せるのは今晩が最後ということになります。

今日(8月10日)の午後も時間が空いていたので、今度は本当にGeorgetown University Law Center(GTLC)に行ってきました。私が滞在しているジョージタウンはDCの西のほうにあるのですが、GTLCは中心部になりますので、ちょっとした小旅行という気分です。Circulatorというバスに乗って片道30分ほどかかりました。GTLCのホームページには「Union Stationから2ブロック歩く」と書いてあるのですが、Circulatorのバス停はGTLCのすぐ近くにありますので、ほとんど歩かずに、もちろん迷うこともなく、到着しました。 【“Georgetown University Law Center”の続きを読む】
スポンサーサイト

TOEFLと英語力

とまひれさんに刺激されて、私もTOEFL-CBTを受けてみようと思ったのですが、どういうわけかR-Prometricのホームページから申し込むことができません。カード情報の入力まではできるのですが、その後「送信」ボタンを押してもエラーメッセージが返ってきてしまいます。そうこうしているうちに、私が受験可能な日が満席になってしまっていました・・・。まぁそもそも受験するかどうか迷っていたくらいですので、よいですが・・・。

一方でiBTを受けてみようかな、などと無謀なことを考えたりもしています。出願との関係で受験時期・回数が制限されますよね。

GeorgetownのLL.M.のEarly Action Applicationの締切りが一番早かったと記憶しています(定かではありませんが・・・)。今年の締切りも11月15日ですので、TOEFLを受けるのは10月が最後のチャンスということになります。iBTは7日間に1度受験できるようですし、スコアも15営業日(約3週間ですね)からはインターネットで確認できるということですが、受験料も高いですし、どんなにがんばっても後2回ですね。もう少し考えてから決めようと思います。

iBTになって、私の住んでいる町でもテストが行われるようになりました。とはいえ、試験会場へのアクセスは必ずしもよくありません。便利になったんだかなってないんだか、というような感じです。

サマースクールに来て感じたのですが、日本人はさておき、外国人は皆英語が上手です。特に聞く・話すということについては、私とは相当開きがあると感じています(もちろん向こうの方が上です、念のため)。にもかかわらず、そういう外国人でもTOEFLのスコアは必ずしも高くなかったりするのです。非常に不思議な感じがします。なぜなんでしょうか・・・。

読む、書く、聞く、話す、のすべてにおいて英語力不足を痛感しています。特に、学生同士の会話を聞くのと、途切れないように話すのは、全くダメです。何とか改善したいと思っていますが、目の覚めるようないい方法というのはないのでしょうね。留学までの間(1年間?)に少しでも英語力を向上できるよう継続して努力していきたいと思います。

ジョージタウン大のキャンパス見学

もう先週の話になりますが、7月29日(土)にはジョージタウン大学に行ってきました。特に用事があった訳ではなく、キャンパスの見学です。建物は比較的密集しているような印象を受けましたが、こぎれいな感じでなかなかよかったです。というような話をサマースクールの参加者にしたところ、「でも、ロースクールはあそこ(私が見学したメインキャンパス)じゃないんだよね。」とのこと。恥ずかしながら、初めて知りました。

ジョージタウン大学のロースクールは街中(ジョージワシントン大学の近く)にあるそうです。私はキャンパスがあろうがなかろうがあまりこだわりません。学校の雰囲気によって、出願先を変えようという気持ちはありません。

サマースクール終了後にDukeのLL.M.に行かれる方は、先日キャンパス見学に行って「雰囲気がすごいよかった。たまたまDukeは趣味に合ったからよかったが、出願先を決める前に見に行ったほうがよい。」とおっしゃっていました。

むむむ、やっぱり人によって考えることは違いますね。学校自体の雰囲気より、学校がある都市の雰囲気・日本からのアクセスを重視します。もちろん一番大切なのは授業の内容ですし、そもそも入学を許可してもらえるかという問題もあります。「合格したところから選ぶ」という基本路線には変わりはありません・・・。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。