アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の合格実績を見てみました

Princeton Reviewが公表している2005年・2006年の合格実績を少し分析(というほど大したものではありませんが)してみました。
Princeton Reviewのデータには出身大学は含まれていませんし、もちろんエッセーの内容も明らかではありませんので、完全に信頼できるようなものではないという理解はしていますが、それでも何がしかの参考になるかと思い、作業をしてみた次第です。

私が出願を考えているロースクールについて、いくつか気付いたことがあります。

まず、どうも合格しやすいところというのがあるようです。Washington(Seattle)、Illinoisはランキングもそれほど高くありませんので分かるような気がするのですが、Duke、Northwesternも合格率は高いようです。
逆に難しそうなのは、Virginia、Michiganですね。MichiganはそれでもGPA・TOEFLが高い受験者は合格していますが、Virginiaは合格者の数も少ないですし、GPA・TOEFLとの関連も高くないようです。弁護士の方は合格されていますが、弁護士に対するpreferenceがあるのかもしれません。
PennsylvaniaとCornellは、GPAよりもTOEFLのスコアとの関連性が比較的強いような気がします。

「いやいや、そうじゃないよ」とか、「一般的には、こう考えられているぞ」とか、お気づきの点があれば、是非教えてください。

もちろん、過去の実績から自分の結果が推定できるというわけではないということは理解しています。こんなことを考えているヒマがあれば、エッセーの質を少しでも上げる努力をしなければいけませんね。認識はしています。頑張ります。
スポンサーサイト

Northwesternからinterviewの案内

Northwesternからinterviewについてのメールが届きました。

メールによると、「Northwesternは全出願者にinterviewをするようにしていますので、interviewを受けてください。」ということです。メールは「既にご承知かもしれませんが」("As you may already know")という書き出しで始まっていましたが、私は全然知りませんでした・・・。Northwesternも第一志望群のひとつと位置づけているのですが、まだまだ準備が進んでいません。勉強不足です。

interviewを受ける方法は3通りあります。電話(インターネットで予約すれば、その時間にAdmissions Officeの方が電話をしてくれるということです)、on-campus、off-campus(各国にいる卒業生がinterviewする)、です。

iBTを避けているくらいで正直英語で話すのは苦手ですし、パスしたいという気持ちは強いのですが、一方でNorthwesternはできれば行きたいところのひとつですので、いずれinterviewを受けるということになるのでしょう。TOEFLが終わって一息ついていたんですが、英語の勉強を再開しなければなりません・・・。

どの方法がいいんでしょうか。電話よりも直接会ったほうが、話をしやすいような気はします。見学も兼ねてon-campusというのもいいかもしれません。当然、自費ということになりますが、費用をかける価値があるようにも思われます。

いずれにしても少し先の話ですので、情報収集と準備をしていきたいと思います。

教養課程の成績(2)

LSACに登録していたFirst Degree in Law Informationの大学在学期間を、2年間としてしまっていました・・・。専門課程の成績証明書に記載されていた期間をそのまま登録してしまったのです。
先日も書いたとおり、教養課程の成績が地を這うほど悪いですので、LSACには送付しないという非常にせこい手を使おうと思っているのですが、一方で、ロースクールによっては「法律の勉強をした期間が3年以上」というのが出願要件になっているところもあったと、おぼろげながら記憶しています。
そこで、大学の在学期間を4年間に修正してもらおうとLSACにメールを書いてお願いしたですが、「成績証明書に在学期間が2年間と書いてある以上、4年に変更することはできない」と返事が来てしまいました・・・。最初に登録するときはこちらで勝手に在学期間を設定できた(と記憶していますが、登録してから1年ほど経っていますので定かではありませんが・・・)のだから、変更についても、こちらの希望通りにしてほしかったのですが・・・。
とはいえ、教養課程の成績をそのまま送るような暴挙はできませんので、LSACの登録内容はそのままにして、出願手続きを進めることにします。このような対応もある意味(というか、文字通り?)暴挙だとは思いますが・・・。

TOEFLのスコア確認

先日受けたTOEFLの結果を聞きました。ぶんぶんさんに教えていただいたとおり、ちょうど7日目で確認することができました。

L 27、S/W 28、R 30で、合計283、Writingは5.0でした。

Writingはこれまで4.5が最高でしたので、5.0を取れたのはうれしいです。Columbia基準にも到達することになりましたし。とはいえ、Columbiaは出願する予定はありませんが・・・。

一方で、そこそこ書けたと思ったWritingが5.0でしたので、私自身は(少なくとも現時点では)Writingでこれ以上のスコアを出すのは無理だと考えています。6.0を取れる人はどんな文章を書いているのか、非常に気になるところではあります。

いずれにしてもTOEFLはこれで終わりです。TOEFLのスコアがどれくらいプラスに作用してくれるのか分かりませんが、この時点で自己最高を更新できたのはよかったです。

ぶんぶんさんの準備状況を見ると完全においていかれてしまっていますが、何とか頑張ってWashington (Seattle)のrecommended期限の11/1、GeorgetownのEarlyの11/15に向けて準備を進めていきたいと思っています。

少しは明るい兆しも・・・

まだ最終決定ではないのですが、少し明るい兆しが見えてきました。少なくとも出願手続きを進めていくことについては、ある程度オフィシャルなゴーサインをもらいましたので、頑張って準備をしていきたいと思っています。

エッセーに取り掛かるといっていたにもかかわらず、もうダメだろうという気持ちのほうが強く、全然手がついていませんでした・・・。短期決戦になってしまいますが、10月末までに納得のできるエッセーを仕上げていきたいと思います。

ちょっと怪しくなってきました・・・

会社の状況がちょっと怪しくなってきました・・・。具体的には書けないような内容なのですが、その影響をモロに受けることになると、会社からの派遣で留学に行くことはできなくなりますので、現在は事態の進展を注視しているという状況です。

万一の場合に備えて、善後策を取ることも視野に入れつつあります。

今の会社を休職扱いにしてもらって、何とか自費で行くというのも選択肢の一つです。LL.M.だと奨学金はもらいにくいという話を聞いたことがあって、私自身はそういうもんだと思っていたのですが、ぶんぶんさんも、とまひれさんも、奨学金の申請をされているようですし、不可能というわけではないようですね。その場合には、さらに1年以上留学を遅らせることになりますが仕方がありません。

また、ロースクールへの留学はあきらめて、仕事に必要な知識は仕事の中でつける、足りない部分はロースクールで使用されるテキストを読んで自力でがんばる、というのも選択肢の一つだと思っています。

2番目の選択肢の亜流という感じになるのかもしれませんが、ロンドン大学の通信コースでLL.B.を取るというのもよいかとは思っています。単に自力でテキストを読んで勉強するだけよりは、テストもあるので勉強を継続できる可能性が高いのではないかと思っています。

ロースクールへの留学をあきらめる場合には、ちょっと他にもいろいろ考えないといけないことが出てくるかもしれません。これについては、実際に動き出してから、ここで書くことにします。9月末か遅くとも10月初旬には、少なくとも方向性は確定すると思います。
なんにしても出願準備は進めていきます。結局元通り留学できることになる可能性も(個人的には高くはないと思いますが)残されているのは事実ですし、ロースクールの中には、入学許可をもらっていれば、1年間は留学時期を遅らせることができるところもいくつかはあるようですし。
一方で、善後策に向けた準備も始めつつありますので、少し忙しくなっていますが頑張っていくしかありません。
はぁぁ、今回はさすがに留学できると思っていたのですが、とことん留学には縁がなさそうです。きっと前世で何かあったんだろうと思います。

教養課程の成績

LSACには学部時代の成績表は送付していたのですが、教養課程の成績表は出願には不要だと(勝手に)考えて手配をしていませんでした。

LSACのホームページから自分の成績証明(LSACが作成したもの。出願先に送付されるものと同じ形式のようです)が見られるのですが、そこに「○○大学(私の出身校)の卒業生は通常1・2年で一般教養科目を取っているはずだが、この出願者(私のこと)は1・2年次の成績表を送ってきていない。」などと思いっきり明記してありましたので、あわてて教養課程の成績証明書を取り寄せました。

ただ、その成績の悪いこと悪いこと。語学・体育も含めてほとんどがCでした・・・。確かに「落とさなければいいや。」という安易な発想をして「可」狙いで試験を受けていたのは事実なんですよね。当時から「将来留学するには学校の成績がよくないとダメだ」というような話は聞いていたのですが、こんなことになるなら、もっときちんとやっておけばよかったと、いまさらながら後悔しています・・・。こんなのを送っちゃうと、ただでさえ低いGPAが底抜けしてしまいます・・・。

せこい話ですが、とりあえずLSACには教養課程の成績表は送らないことにして、出願後に各大学から教養課程の成績表を追加で送るようにとの指示が来てから、泣く泣く送るということにしたいと思います。

大学の成績はいまさらどうすることもできませんので、あきらめるしかないですね。エッセーに集中していきます。

TOEFLを受けてきました

昨日、TOEFLを受けてきました。
先日も書いたとおり、Columbiaに出願しないと決めていますので、今のスコアで出願先の要求水準を満たしてはいるですが、一方でもう少しスコアをあげておきたいという気持ちもありましたので、半分はリラックスして、でも半分は気合を入れてがんばってきました。
実は週の後半くらいから、風邪のせいかたまに咳が出るような感じになっていて、さらに試験中に咳き込まないように準備していたトローチを持ってくるのを忘れてしまい、リスニングの試験中に咳が出て問題が聞けなかったりしたらどうしよう、とちょっとドキドキしながら試験場に入りました。悪い予感は当たるもので、リスニングの途中に咳が止まらなくなり、講義の問題1問(講義の部分)が咳き込みながら何とか聞いているというような状態になってしまいました。(私自身にとっては自業自得なのですが、周りの皆さん、うるさくて申し訳ありませんでした。)
とはいえ、何とか咳はそれでおさまりました。が、今度はリスニングの最後の問題でいきなりパソコンの電源が落ちて、中断。試験センターの人が復旧に来てくれたのですが、集中力を維持することに注力していました。さらにリーディングの途中でもう一度電源が落ちたりして大変でした。足下の電源コードを引っ張ると電源が落ちることもあるようですが、神に誓って電源コードには触れていなかったんですが・・・。
リスニングはなんとなくできたかな、という印象を持っていたのですが、SとRはまぁ普通という感じでした。明らかに間違えたと自覚できたような問題はないのですが、何問かは「多分これだと思うんだけどなぁ」と思いながらマークをしていましたし。ところが、結果を見てみると・・・。 【“TOEFLを受けてきました”の続きを読む】

エッセーのネイティブ・チェック

そろそろエッセーの準備にも取り掛かろうかと考えています。U. of Washington (Seattle)の出願を11月1日までに済ませてしまおうと思っていますので、1ヶ月くらいしかありません。GeorgetownもEarlyの締切が11月15日ですので、実際に作業できる期間は1ヶ月半くらいということになります。

いま悩んでいるのはエッセーのネイティブ・チェックをお願いするかどうか、ということです。とまひれさんはエッセーエッジを利用されているようですね。私も興味はあるものの、少し値が張るなぁ、と逡巡しています。

もう1年以上前になりますが、プリンストン・レビューの無料カウンセルを受けたときに、「エッセー添削コースもありますが、これを受けなくても、いいエッセーを書く人はたくさんいますよ。」などと、全く営業っ気のない話をされましたし、コロンビアに留学した私の先輩も独力で書いたと言っていたということもあって、自分で書こうと思っていました。

一方で、とまひれさんや、その他の方のブログ等を読むと、チェックしてもらった方がよいエッセーができるような気もしています。

とりあえずの方針としては、GeorgetownのEarlyの結果が出るまでに出願するところ(具体的には、U. of Washington (Seattle)、Georgetown、Pennsylvania)については自力でエッセーを書くことにして、それ以降に出願するところについては、Georgetownの結果次第で対応を考えようかと思っています。締切が早い3校の中にも、お願いしてでも行きたいところがありますので、エッセーを書き始めてみてあまりにもデキがよくないようであれば、方針を転換することも十分あるかなとは思っています。

出願書類の準備(resume)

推薦状は出願者本人がタッチしてはいけないことになっている関係で、こちらの準備は早めに始める必要がありましたので、既に幾分は準備を進めています。
自分で書かなければならない書類についてもそろそろ準備に取り掛かりはじめました。とまひれさんのコメントではありませんが、私も若干遅れているような気がしましたので・・・。

一番簡単なところからではあるのですが、とりあえずレジュメのドラフトを終えました。9月末を目標にpersonal statementとstatement of purposeのドラフトも終えてしまいたいと考えています。

これまでのところ、上司から留学延期・撤回を申し渡されることはなさそうだという印象を受けています。その間に出願準備をどんどん進めて既成事実化してしまおうと思っています。もちろん、どれだけ出願準備を進めていようが、既に出願していようが、合格通知をもらっていようが、実際に現地に行くまではどうなるか分からないということは認識していますが、とりあえず今は悪いことは考えないことにします。

昨日も書いたとおり、今はあまり仕事が忙しくありません。いつ急に忙しくなるか分かりませんので、今のうちに出願書類の準備をできるだけ進めておこうと思っています。

出願先ほぼ確定(?)

出願先について上司に相談したところ、いくつかのコメントを受けました。コメントの内容は、①会社から支給される生活費には上限がある(しかも、かなり低い・・・)ので、生活費が高いニューヨークの大学(ColumbiaとNYU)は避けるべき、②LL.M.終了後にはNY Barを受けるのだから(NY Barを受けるのは、上司からの要望事項です)、なるべくNY Barの勉強がしやすい大学を選択すべき、従って、生活費もそこそこ高く授業が大変なハーバードは避けるべき、ということでした。

先日も書いたとおり、私自身は基本的にはGeneralな勉強がしたいと考えており、学校選択に強い希望があるわけでもありませんので、上司のコメントを容れて出願校を選択しました。

Georgetown
Pennsylvania
Michigan - Ann Arbor
Virgnia
Washington - Seattle
Duke
Cornell
Northwestern
Iowa
Illinois
Minnesota

この中ではPenn、Michiganは、学内の他のgraduate school(ビジネススクール等)の授業を受けることもできるということが、HPに書いてあります。Pennはビジネススクールも有名(Wharton)ですので、非常に惹かれるものがあります。

GeorgetownもPennもEarlyでの出願を考えています。Washington, Seattleは志望度はあまり強くないのですが、11月1日までに出願することが推奨されていますので、一応11月1日までに出願しようと考えています。やはり一番怖いのは、どこのロースクールからも合格通知をもらえないという状況です。Georgetownの結果次第では、その後の出願先を変更することも考えています。具体的な学校名は書きませんが、上記の中には「滑り止め」と考えているところもあります。「滑り止め」から合格通知がもらえないとショックですよね・・・。

Columbiaを出願先から外したことでTOEFLを受ける必然性はなくなったのですが、折角申し込みましたのでとりあえず受けてこようかと思っています。もちろん、受ける限りは現在のスコアを更新できるように頑張ります。あまり自身はありませんが・・・。

出願戦略(というほど大げさではないですが)

現在はそんなに仕事が忙しくないということもあり、留学関係の手続き・準備を進めています。

TOEFLについては後1週間しかありませんが、1週間でできる範囲で準備をして、体調を万全に整えて挑みたいと思っています。自己ベスト更新ももちろんですが、先日も書いたとおり「コロンビア基準」のクリアを目指したいと思います。

そろそろ出願要綱が出揃ってきましたので、出願予定の(出願するかもしれない、といった程度の意味合いです)ロースクールの締切日を確認してみました。
早いところではColumbiaのEarlyが11月1日締切り、12月末までに合格通知を発送する、とあります。またGeorgetownのEarlyは11月15日締切りで、12月15日までに結果が連絡されるということです。
もともとこの2校には出願する予定でしたので、どちらもEarlyで出願しておきたいと考えています。どちらかに合格すれば、その後の出願校を減らすこともできるのも、Earlyで出願するメリットだと考えています。
他で早いところは、NYUとPennsylvaniaが12月1日締切りですね。Michigan-Ann Arborは1月3日です。こちらの3校については、Columbia、GeorgetownのEarlyの結果が届く前に出願をしておこうかと考えています。その後はEarlyの結果次第ですね。

今のところ、ランキングを見て出願先を考えるという極めて乱暴なことしかやっていません・・・。私の興味は特殊な領域に特化しているというわけではありませんので、こういう考えでもいいかな、と思っています。もちろん、実際に留学先を決める際には、合格通知をもらえた学校の中からよく吟味するつもりではあります。現時点では、MBAの授業も取れる(とHPに書いてありました)Pennに興味があったりします。

企業法務で働いていますし、留学後も企業法務で働き続けることを前提として考えていますので、契約法、会社法(コーポレート・ガバナンスも含めて)、独禁法、製造物責任法、民事訴訟法、M&Aあたりに興味があります。M&A関連ではPost Merger Integration(PMI)に興味があるんですが、これはロースクールというよりビジネススクールの科目なんでしょうね。ビジネススクールの科目でもいいので、PMIについてのコースが取れるところがあればいいなぁと思ったりしています。もちろん、この部分の優先度はさほど高くありませんが。

出願の準備

他の方のブログを見て、私もそろそろ真剣に出願準備を始めなければ、とあせりだしています。推薦状の手配は整えつつありますので、次はエッセーですね。

出願の締切日についても、再度確認してみました。びっくり、というほどではないんですが、私が出願を考えているうちではColumbiaのEarlyが11月1日締切り、University of Washington (Seattle)も11月1日までに出願することを推薦する、とあります。
ぶんぶんさんのブログによると、LSACにデータが反映されるまでに数週間かかるようですので、9月中旬にTOEFLを受けるとColumbiaのEarlyに間に合うかどうか微妙ということになってしまいます。TOEFLの結果が出るのが10月中旬になるでしょうから、11月1日までには2週間ほどしかありません・・・。
間に合うのかどうか真剣に気になってきました。もちろん、Columbiaですから、Earlyで出願したとしても合格できるか可能性は極めて低いのですが・・・。
Writingを除いたTOEFLのスコアが前回よりもよければそちらを使う、悪ければ前回のスコアを使う、という整理にして、TOEFL受験直後に手続きを進められるよう準備だけはしておこうと思います。
ColumbiaのEarlyはあきらめるという選択肢ももちろんありです。

University of Washingtonのほうは、志望順位も高くないですので、TOEFLの結果を見てから出願するという形にしておこうと思います。あるいは場合によってはGeorgetownのEarlyの結果(2006年12月15日までに通知されるようです。)次第、ということでもいいのかな、と呑気に考えています。

昨年10月26日に「留学延期」の通告を受けたのですが、その時点ではまだまだ準備ができていませんでした。もちろん10月末から11月初旬にかけてネジを巻いていこうと考えていたわけですが。昨年に比べると、今年の準備は順調ですね。とはいえ「これからきちんとやる」という前提ですので、安心してもいられません。

ほとんどのロースクールがオンラインでの出願になっていますので、なるべく前倒しで(入力できるところは)入力していきたいと思います。

個人的には少し盛り上がってきました。頑張ります。

TOEFL最後(?)の受験

8月でCBTが最後だということだったので受験を見送ったのですが、9月まで再度延長されたようですね。少し悩みましたが、受験することにして、先ほど電話で申し込みました。原因はよく分かりませんが、今回もインターネットでの申込みはできませんでした。クレジットカード情報を入力するところまでいくのですが、最後の登録ができません・・・。電話で申し込みましたのでいいんですけどね。

今回の目標は、ぶんぶんさんのいう「コロンビア基準」(各パート25以上、Writing 5.0以上、合計260以上)です。

私にとって一番の問題はライティングですね。過去3回受けましたが、まだ5.0を取ったことはありません。もう一度、対策本を読み直すのと、ETSが公表しているサンプルを読んで短時間で自分の主張(理由付け)をひねり出すというトレーニングをやっておきたいと思います。前回受けたときにも、このWriting Topicsに掲載されている問題に当たりましたし、そうでなくてもトレーニングとしては悪くないと思っています。

もちろん、リスニングも気を抜けません。サマースクールでも一応英語をたくさん聞いていましたし、サマースクールに行く前も帰ってきてからも、通勤途中でCDを聞いたり、英語の本を読んだり(ちなみに今読んでいるのは、The World is Flat.です。面白いです。)、ということはやっていますので、少なくとも維持はできていると思っていますが、100%の自信があるわけでもありません。

ストラクチャーとリーディングは満点を目指したいと思っています。ストラクチャーについても対策本をざっと見直す予定です。前回はリーディングの単語問題で知らない単語が出題されて困りましたので、単語も覚えなおしておこうと思います。

試験まで10日しかありませんが、「英語力を変えずに(=1ヶ月あっても英語力自体を向上させるのは難しい)TOEFLのスコアをあげる」という視点で考えれば必ずしも短いというわけではないと思います。もちろん、「たまたま知っている問題が出る。たまたま分かる。」という幸運も期待しています。

私自身はiBTは受ける予定はありません。今回、コロンビア基準に達しなかったとしても、とりあえずコロンビアにも出願する予定です。要綱を見る限りでは、基準に達していないのであれば合格は難しいようですね。私の場合は、TOEFLのスコアがよかったからといって、コロンビアにパスする可能性が高いわけでもありませんが。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。