アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの弁護士資格の取得方法(1)

ご存知の通り、イギリスの弁護士にはバリスター(barrister)とソリシター(solicitor)があります。日本語では、barristerを法廷弁護士、solicitorを事務弁護士ということが多いようです。一部の例外があるものの、ソリシターは法廷に立つことができません。また、バリスターは顧客と直接対話することができないようです。バリスター経験者は裁判官になることもできます。バリスターとソリシターは役割が異なるだけで、どちらが偉いとか偉くないとか、そういうことはないようです。

バリスターとソリシターは、どちらも資格取得の基本的なシステム自体は同じようです。ここでは、ソリシターを念頭においています。また、いろいろ例外的なル-トもありますが、とりあえず通常のル-トを想定しています。

ソリシターになるためには、イギリスの大学の法学部を卒業することから始まります。イギリスの大学であればどこでもよいというわけではなく、イギリスの弁護士会から指定されている大学でなければいけません。指定されている大学は弁護士会のホームページで確認することができます。イギリスの大学に必ずしも詳しいわけではありませんが、この指定からもれている大学はあまりないのではないかと思います。ロンドン大学法学部は通信で卒業することができるのですが(日本から受講することも可能です)、この通信コースもイギリスの弁護士会の指定対象となっています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/12-fd1f4353
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。