アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの弁護士資格の取得方法(2)

ロンドン大学の通信講座には、BSc/Law with ManagementやManagement with Lawといった法律と経営の2つを一度に学習するコ-スもあり、こちらも弁護士資格取得の要件を満たしています。
大学で法律を勉強すればなんでもよいというわけではなく、基本7科目(契約法、不法行為法、刑事法、衡平・信託法、EU法、財産法、国内公法)の単位をとらなければなりません。
しかも、卒業時の成績がUpper Secondでなければなりません。GPAのスコアでいえば3.5以上というような感じになるのでしょう。
大学の成績が悪かった場合の救済措置については、情報がありません。大学の成績が悪ければ、その後どんなにがんばっても弁護士にはなれないということになるのでしょうか。大学ごとに成績の基準が違えば不公平が生じることとなりますが、このあたりもうまく調整されているのでしょうか。
私自身は経験していませんので、このUpper Secondがどのくらい大変なのかはわかりません。ソリシターの資格を取得された日本人が、「非常に大変だった」とホームページで書かれていたのを見たことがあります。
ロンドン大学の通信講座は「通学の学生と同じ基準で成績の評価をする」ということになっているようです。通信だとどうしてもテキストを読んで勉強するしかないですので、そもそも通学に劣る部分というのはあると思います。さらに、言葉にハンデがあり、かつフルタイムで勉強できるわけではないということになれば、相当大変だというのは覚悟しないといけないだろうと思っています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/13-8611a0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。