アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEFL writing topics

TOEFLのライティングは、ライティング用の準備をしないと全く点数が上がらないと思います。とはいえ、何ヶ月もライティング対策ばかりやる必要があるというわけではありません。私自身はTWE用の市販本を2冊ほど読んだだけでしたが、それでも十分効果があったと思っています。

試験を受けたあとで知ったのですが、TOEFLを実施しているETSのホームページにsample topicsが掲載されています。
ここに掲載されているトピックスのどれかが出題されるということを言っている人もいるようです。多分そんなことはないでしょうが、十分参考にはなると思います。これらが実際の試験で出題されたとすればどういう主張をするか、そのときの理由付けはどうするか、など構成を考えるトレーニングをしておけば役に立つでしょう。

TOEFLのライティングのテストは、英語を書くのも大変ですが、構成を考えるのも結構大変です。私自身もそうだったのですが、構成を考えるだけでどんどん時間が経ってしまいます。これでは文章を書く時間がなくなってしまいますので、構成を考えるスピードを上げるトレーニングが有効なのです。しかも構成を考えるのは英語力とはあまり関係ありませんので、英語の勉強に飽きた・疲れたときにやっていけばよいという点もうれしいところです。

【2006年2月22日追記】
最近、TOEFLライティングの対策本を読んで知ったのですが、ETSが公開しているsample topicsは毎年変更になるらしいです。そのまま出題されるのかどうかは確認していませんが、参考になることは確かですね。一応すべてのトピックスに目を通して、可能な限り回答の骨子くらいまでを準備しておこうと思います。
対策としてそれくらいまではやっておいたほうがよいですよね。(分かってはいるつもりですが、なかなか実行できません・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/26-13d7f793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。