アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学先の制限

上司から「やっぱり私立のロースクールは高いからダメだ。州立でも学費・生活費が高いところはダメだ。学費も生活費も安いから、ワシントン(シアトル)のロースクールが一番いいんじゃないか。」との話がありました。
何の制限もなくてもワシントンは考えていましたが、お金がないからここにしろというような言い方をされると、ちょっと考えるものがあります。
「ハーバードに合格したら、何とか出してもらえませんか?」という切り返しをしてみましたが、これもあっさり「ダメ」でした。
場合によっては、差額分(ハーバード等の学費からワシントンの学費を引いた額)を自己負担してもいいかな、などと考えています。これも受け入れてもらえるかどうかわかりませんが・・・。
合格通知をもらう前からこんな心配をしていても仕方ないですよね。とりあえず、出張に行くの飛行機の中でエッセーを書き始めることにします。Let's Note万歳です。一昔前までは、飛行機の中でパソコンで作業するなんて考えられませんでしたよね。

【2006年2月15日追記】
会社派遣の留学を前提にしていた当時は、学費・生活費なんか気にせず一番いいところに行きたいと思っていましたが、自費で行くとなるとやはりコストも重要な要因になります。
とはいえ、コストだけでは選択できないですからね。総合的に考えるということになるんでしょう。
出張にパソコンを持っていくという話を書きましたが、私が働き始めた頃はまだワープロ全盛期でした。当然インターネットもメールもありませんでした。出張先からの連絡も、ホテルのファックスを使って手書きのメモを日本に送っていました。それなりに大変でしたが、外に出ちゃえば連絡の取りようもなくなったので、かえって気楽にできる部分もありましたよね。今がいいのか、昔が良かったのか、一概には言えませんし、昔が良かったからといって昔に戻るわけにもいかないですしね。
前に向かって進んでいくしかありません。
スポンサーサイト

コメント

私はJDに出願するんですが、出願校選択に関して、US Newsのランキングは余り参考にする必要無いと思いますよ。特にLLMで、勉強したい分野があるなら、それに強い所に絞って出願した方がいいと思いますが。。。
田舎の州立大学でも科目数が多い所はありますし、同じ科目なら何処の学校でも内容自体ははあんまり変わらないみたいですよ。
ちょっと面倒くさいですが、やはり各大学のHP見ていくのが一番かと。

  • 2005/09/27(火) 05:36:29 |
  • URL |
  • pepe #-
  • [ 編集]

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、勉強したいものを勉強するために学校を選択するというのが一番だと思います。問題は「どうしてもこれが勉強したい」というものがないんですよね、私の場合。もちろん、勉強の意欲が低いというわけではなく、あれもこれも勉強したい、という感じなんですが。
また、将来仮に転職するということになれば、やはり知名度の高い大学を選択したいという気持ちもあります。
年をとったせいか、考え方があまりにも現実的になっているような気もします・・・

  • 2005/10/02(日) 07:00:22 |
  • URL |
  • 法学徒 #-
  • [ 編集]

JDで弁護士に!

JDをとりにいく学生で何割が実際BAR合格して弁護士になれるのでしょうか?聞くところによると有名校の日本人は1人ー2人程度。約150校あるから150人ぐらいですか?もしご存知でしたら教えてください。アメリカの司法試験は簡単といいますが、LAW SCHOOLでスクリーンされますから結局日本と変わらないのではないでしょうか?

  • 2005/10/31(月) 11:23:51 |
  • URL |
  • tonko #-
  • [ 編集]

JDは分かりませんが

私自身は日本で法学部を出ていますので、JDについての情報収集はしていませんでした。身の回りにもJDを卒業した方がいませんので、こちらの方からも情報が入ってきません。
どれくらい参考になるか分かりませんが、LLMについての情報ならある程度分かっています。もちろん、この情報も網羅的なものではなく、ある程度以上バイアスがかかっていると思いますので、ご了承ください。
LLMの卒業生が何人くらいバーを受けているのかは定かではありませんが、日本人で一発合格するのは約半数ということを聞いたことがあります。2回目での合格者も含めれば、約7~8割くらいになるようです。
ただ、tonkoさんがおっしゃるとおり、LLMに留学する人自体がスクリーンされているので、「8割も合格するならアメリカのバーは簡単!」ということではないと思います。私の友人に聞いたところでは、LLMに来ているのは日本でも一流といわれる大学の出身者がほとんどで、そういう人たちが本当に真剣に勉強しても一回の試験で合格するのは半分くらいということは、やはり相当難しい試験だと覚悟をしておくべき、ということでした。
もちろん、難しいからといって臆することはないと思っています。tonkoさんもがんばってください。私自身はもう少し遠回りが必要ですが、あせらずたゆまず努力していこうと思っています。

  • 2005/11/01(火) 00:46:30 |
  • URL |
  • 法学徒 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/36-c98d36c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。