アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英単語の記憶方法

では、どのようにすれば効率的に単語力を強化できるのでしょうか。

人それぞれ自分にあった方法があると思いますが、私は単語集を利用して覚えました。TOEFL準備用として私が利用したのは、TOEFLテスト英単語3800です。この本のどこまで(どのランクまで)覚えるかについていろいろ意見があるようですが、ランク3までで十分だと思います。ランク3まで完全に記憶したうえでそれでもTOEFLのスコアが上がらないようなら、ランク4の単語を覚えるのではなく、リスニング・リーディング等に力を入れた方がよいでしょう。

単語を覚えるときのポイントは、単語の記憶の努力と並行して多読をするということです。覚えた単語が、別のところで読んだ文章に出てくれば、記憶の定着につながります。また、読んだ文章で知らない単語が単語集に載っていれば、これまた簡単に覚えることができます。

この場合に読む文章としては何でもよいですが、TOEFLにはアカデミックな内容の文章が出てくることが多いですので、自分の専門分野以外のアカデミックな内容のものを読むとよいでしょう。留学前のどこかのタイミングで自分の専門分野の本を英語で読むというのは重要だと思いますが、そればかりだと出てくる単語に偏りが生じます。
私はNational Geographicや、The Economistあたりを読んでいました。興味にまかせてビジネス書や小説も原文で読みました。
単語を覚えるのは、とにかくたくさん英文を読んで、単語を覚える努力をいとわない、一度覚えたのに忘れてしまった単語はまた覚える、ということに尽きると思います。結局、「効率的に」単語力を強化する方法はないということになってしまうのでしょうか・・・。

【2006年2月13日追記】
少し前までは、多読用と位置づけた本は読み飛ばすだけにして、単語は単語集を使って覚える、ということをしていました。少し前にこれも効率が悪いと考えなおし、多読用と位置づけた本についても、読んでいて知らない単語が出てくればそのときにマークをしておき、後で辞書で意味を確認して単語帳を作って覚える、ということをやるようにしています。
その上で2回目を読むと内容もよく理解できますし、悪くないですね。
2回以上読むことが前提になりますので、娯楽小説ではなく、少しかたい内容の本を選ぶようにしています。具体的なジャンルとしては、仕事にも直結する部分がありますので、ビジネス書や法律の本を読んだりしています。
しかし、盗人の種ではありませんが、知らない単語がなくなるということはないですね。日本語だって知らない単語のほうが多いでしょうから気に病むことはないと、自分に言い聞かせています。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは(≧∇≦)/

http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/で紹介されていたので、見に来ました。またきますネ。(^^)

  • 2006/02/14(火) 08:15:48 |
  • URL |
  • RIN #-
  • [ 編集]

RINさん、こんにちは

ご訪問、ありがとうございます。またきてください。

  • 2006/02/14(火) 13:54:12 |
  • URL |
  • bibliophage #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/4-12905d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。