アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エッセーの進捗

少し前に購入していたエッセーの書き方の本Peterson's Perfect Personal Statements: Law-Business-Medical-Graduate School (Peterson's Perfect Personal Statements)を読みました。
サンプルエッセーや、ビジネススクール・ロースクール等の入試担当者からのコメントが内容の中心になっています。薄い本ですし、内容も簡単ですし、関係ないところは飛ばしながら読んでいましたので、さほど時間をかけずに読み終わりました。
入試担当者からのコメントが特に参考になったのですが、書かれている内容は①自分がどのような人間かを明らかにする、②時間をかけてじっくり書いていく、③スペルミスや英語の間違いは極力ないようにする、④他の学校用に準備したものを間違えて送らない、ということに集約できると思います。
とはいえ、言うは易く行なうは難し、ですよね。
少し前にも書きましたが、ハーバードの出願書類の準備をしています。ロースクールのエッセーは大体同じようなものだと読んだことがあるのですが、ハーバードのエッセーは少し特殊な内容になっているようです。ハーバードの出願の締め切りはもう少し先ですので、これはこれでじっくり準備をしていく予定です。Georgetown(11月15日締め切り)のエッセーは極めて一般的な内容となっていますので、今週中くらいを目処にこちらを準備してしまおうと思っています。

【2006年2月20日】
上の文章を書いた後もいろいろ考えたのですが、やはりエッセーの内容が非常に重要だと思っています。いわずもがなですね。
私の先輩でコロンビアに留学した方のエッセーを見せていただいたのですが、相当できが良いと思いました。私もそれを目指して頑張って準備をしていきます。ただその先輩はTOEFLも650点(PBT)だったんですよね・・・。さすがに大学の成績は知りませんが、まじめな方ですので大学の成績もよかったんだと思います。
こうなるとエッセーだけが重要とはいえなくなってしまいますね。エッセーも重要だということですよね。
大学の成績はいまさらどうなるものでもありませんので、TOEFLとエッセーは頑張って準備をしていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/41-6f827be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。