アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成績証明書の手配

英文の成績証明書を手配しました。そんなに急ぐ必要もないと思うのですが、遅らせたからといっていいこともありませんので、気付いたとき(=今)やっておこうと考えた次第です。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ロースクールの出願に当たってはTOEFLと大学の成績をまとめて出願先の大学に送ってくれるサービスLL.M. Credential Assembly Serviceがあります。費用は$185(5校まで出願可能)ですので決して安くはありませんし、会社が出してくれるわけでもありませんので、非常に悩んだのですがTOEFLや成績証明書の送付の手間を考えて利用することにしました。
TOEFLのスコアと成績証明書はLL.M. Credential Assembly Serviceに一度送っておけば、各大学へはLL.M. Credential Assembly Serviceから送ってもらえます。手間はTOEFLスコアの大学への送付指示と同じようなもんだと思います。
TOEFLスコアと成績証明書の送付はこれでばっちりです。どちらも問題は中身なんですが、これはいかんともしがたいものがあります。

【2006年2月20日追記】
上記のサービスの有効期間は確か5年(4年だったかもしれません。うろ覚えでスミマセン。)ですので、最低でも2007年夏か2008年夏から留学する分には、これで対応が可能です。英文の成績証明書は既に送っていますので、後は満足できるTOEFLのスコアを送っておけばOKです。
2年連続で出願準備をすると、使い回せるものがいくつかあって便利ですね。積極的に使い回したいと思っていたわけではないんですが・・・。
スポンサーサイト

コメント

TBさせていただきました

こんにちは。Deaconです。
私が留学していた頃は、このようなサービスを提供しているところはなかったかなと思います。便利になりましたね。有用な情報と思い、私のブログにTBさせていただきました。もし、ご興味あれば一度お越しください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/42-852958ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

出願準備から学校選択まで(第12ラウンド)

昨夜は今年第1回目の忘年会(師走にも入っていないのに…)があり、ふぐに舌鼓を打っ

  • 2005/11/25(金) 10:02:00 |
  • TOEIC300点台からのロースクール留学

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。