アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Georgetownの出願準備

Georgetownの願書の締切りは11月15日だと思っていたのですが、これはEarly Notificationのための締切りということに気付きました。ホームページをちゃんと読んでいませんでした・・・。"deadline: November 15, 2005"という記述を見て、締切りは11月15日だと思い込んでいました。
Early Notificationというのは、「この締切りまでに願書を出せば、それ以降に願書を出した人よりも早く審査をして、早く結果を通知しますよ」というものです。
Georgetownの場合は11月15日までに願書を出せば12月12日までに結果の通知をもらえることになります。
早く結果をもらえるのはありがたいですので(もちろん「いい結果」であることが前提ですが・・・)、がんばって出願書類の準備を急いで11月15日に間に合うように出願したいと思います。
Georgetownは出願書類の提出がウェブでできますし、受験料の支払もクレジットカードでOKですので、出願を急ぎやすくて。
TOEFLは2年前に受けたスコアを送りました。募集要項に「各セクションのスコアが25以上、合計が250以上」とありましたので、先日受けたTOEFLではスコアが足りませんので・・・。このスコアを受け付けてもらえないようならEarly Notificationはあきらめます。11月上旬に再度TOEFLを受ける予定ですので、そこで何とかがんばることにして、通常の出願を目指します。

【2006年2月20日追記】
Georgetownの学校案内のハードコピーが手元にありますので、いずれまとめて紹介していきたいと考えています。出願エッセーを書く前に学校案内を読んでおくべき、というのは理屈では分かるのですが、今ひとつモチベーションが上がりません。ブログに書くというのをモチベーションのひとつにしたいと考えています。
TOEFLのスコアも足りていないという状況は変わっていませんので、次の試験(2006年3月11日予定)ではちゃんとクリアできるように頑張ります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/43-1b81ef78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。