アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多読・速読の必要性

単語を覚えるときには、あわせて多読することが重要だと書きましたが、多読・速読はリスニングのスコアをあげるのにも役立ちます。

リスニングは耳から、リーディングは目から、と情報が入ってくる経路は違いますが、情報(英文)を一定程度以上のスピードで処理する(英文から意味を抽出する)という点は同じです。多読・速読により、英文から意味を抽出するスピードが上がれば、リスニングのスコアもある程度上がります。
私の経験ですが、1年間英語を聞くことはほとんどせず、ただひたすら読むだけということをやって、TOEICのリスニングのスコアが100点くらいあがりました。(リスニングのスコアが100点上がるということは、元が低いということなんですが・・・。)

もちろん、耳自体のトレーニングも必要です。ただ、目的もなく多聴するというのは効率が悪いような気がします。頭の中の情報処理のトレーニングは多読・速読で行い、耳自体のトレーニングはそれだけを目指して重点的に行うべきだと思います。

【2006年2月14日】
これを書いている今日は、世の中ではバレンタインデーですね。妻子持ちの中年のおっさんである私には縁もゆかりもないですが。バレンタインデーに予想外の女の子から告白されたいというユメを持っていたのですが、ユメはユメで終わりそうです。
閑話休題。
多読するにはある程度速く読まないとダメですよね。私自身は時間を区切ってその間に何ページ読めるかを確認しながら、少しでも速く読めるように努力しています。
通勤で電車に乗るのが片道50分ほどなんですが、始発駅に近いこともあり座って本を読むことができます。この片道の間に何ページ読むことができるかを計りながら読むようにしています。読む速度は読む本のレベルにも左右されますので、あくまでも目安にしかなりませんが、時間を計りながら読むのはいろいろいいことがあるのではないかと感じています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/5-a865adf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。