アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学とその後のキャリア

自費で留学した場合、留学期間中の費用をどう調達するかも大問題ですが、無事留学を終えたとしても次の仕事が見つかるかも同じように大きな問題だと思います。

縁があって紹介していただいた転職コンサルタントの方と、先日お話をさせていただきました。内容をまとめると・・・

●30代前半までならまだしも、30代後半になって留学をすることは、それ自体では必ずしもプラスとはならない。
●留学で得られるものはあるが、一方で過度な期待をするべきではない。1年の留学でできることは限られる。
●仕事の実力は、仕事を通じてしか身につかない。
●一方で、転職市場の状況だけで考えれば、1~2年後に法務の求人が極端に少なくなっているということはないだろう。
●自費で留学するとしても、いまの会社を休職して留学することができるのであれば、それがベストだろう。帰国するタイミングまたはそれ以降で転職するのであれば、そのときに考えればよい。

大体は想定どおりのコメントでした。とはいえ、1番目のポイント(30代前半なら・・・)は少しつらい話でした。確かに30前後で退職して留学を考えたこともありましたし、そのときは子供もいなくて身軽だったんですけどね。後の祭りです。

いまを逃すと一生留学できなくなる可能性が高いですので、とにかく留学してしまおうと考えています。前に働いていた会社はIT系のベンチャー企業(いま世間をにぎわしている会社ではありません)だったのですが、社員は割とでたらめな経歴の人が多く、「別に何をやったって生きていけるんだなぁ」と実感しています。その時どきにできることを精一杯やっていくしかないんだと思っています。

いま留学できなかったとしても、定年後に留学してやろうくらいのことは考えています。もちろんそのときはロースクールではなく、自分の興味に任せた分野(大学入学時点では、数学とか心理学とか哲学とかに興味がありました!)を選ぶことになります。これはこれで楽しいのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/52-09298deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。