アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変なことになってきました

7月24日(月)から"Orientation in the US Legal System"というコースが始まりました。これも2週間のコースです。
月曜日の午前中は、このコースから参加する受講生の登録があるためか、我々古株(?)組の授業はありませんでした。また、午後1時から3時の間も授業はなく、教室でケースを読む時間に当てられていました。
先週の金曜日に既にテキストをもらっていて、土日も大体テキストを読むのに当てていたのですが、それでも月曜日の課題分くらいまでしか進みませんでした・・・。火曜日の授業の範囲は10ページくらいでしたので、月曜日の夕方に読んでしまいました。その後、ブラジル人のルイス君とメキシコ人のニコラスさんと3人で(ルイス君の部屋でビールを飲んだ挙句(下記参照))水パイプを吸いに出かけてしまったのが敗因なのでしょうか・・・。火曜日の午後は授業がなく、水曜日の授業範囲のテキストを読むのに当てることができたのですが、全然わかりません。とりあえず一通りは読んだのですが、まだまだ理解ができていません。これから2回目を読むつもりにしているのですが、多分2回読んでも理解できないと思いますので、時間がある限り3回目に挑戦したいと考えています。

ブログを書いている場合ではありませんでした・・・。

続きは、このコースから新たに参加された方のご紹介です。
月曜日から新しく参加した人は、日本人が4人(すべて男性)、スウェーデン人(男性)、インドネシア人(女性)、トルコ人(女性)、中国人(女性)、インド人(男性)の9人です(もしかすると何人か認識できていない人がいるかもしれません)。

中国人の女性は、北京大学法学部を卒業したばかりの才媛で、このサマースクールが終了したらノースカロライナのWake ForestのLL.M.に行くそうです。込み入った話はしていないのですが、やはりお金持ちなんでしょうか。英語を話すのはあまり得意ではないということです(本当に得意ではなさそうです)が、LL.M.で本当にやっていけるのか他人事ながら少し心配です。DeaconさんオススメのWFUですので、きっと大丈夫だと思います。

日本人の方の一人とは昨日少しだけお話しました。ルイス君・ニコラスさんと3人で飲むというときに、たまたまホテルの廊下でお会いしたので、ご夫婦で合流してもらいました。残念ながら、ちょっと話が合わず1時間くらいで出て行かれました・・・。途中から参加するとなかなか溶け込めず寂しい思いをされるのではないかと考えてお誘いしたのですが、却ってご迷惑をおかけしたのではないかと反省しています。非常にまじめそうな方ですので、メンバーが悪かったかもしれません。ルイス君もニコラスさんも遊び好きという感じで、クラスの誰がかわいいとかどうとかというような話を肴に水パイプを吸っているくらいの人たちですから・・・。ちなみに私自身はそういう話も嫌いではありませんので、適当にチャチャを入れながら楽しんでいますが、積極的にリードしているわけではありません。

スウェーデン人のヨハンさんとは朝食をたまたま一緒に食べたのがきっかけでいろいろ話をするようになりました。スウェーデンでは、法学部卒業後、5年間ローファームで働いて初めて司法試験の受験資格が得られるそうです。司法試験は、法律の中身を問うというよりも、倫理についての内容になっているそうです。5年間のローファーム勤務中に法律知識は習得しているはずという前提になっているということです。また、インハウス・ロイヤーになるためには、attorneyの資格を一旦返上しないといけないそうです。国が違えば制度は大きく変わりますね。

トルコ人の女性は、和歌山県の串本に行ったことがあるそうです。かのエルトゥールル号が難破したのがこのあたりで、トルコと日本の友好を示す記念碑も建てられているそうです。私も串本に行ったことはあるのですが、この記念碑は見た記憶がありません・・・。トルコの皆さん、申し訳ありません。彼女によると、"I have been to Japan. Kushimoto!"と日本人に言って、串本がどこか分かったのは私が初めてだそうです。大阪からでも4時間以上かかりますので、よほどのことがない限り、日本人でも行くような場所じゃないですから。全然関係ありませんが、非常にきれいです。木曜日には彼女も誘ってみんなで水パイプを吸いに行くことになっています。とはいえ、当然予習が優先ですので、ホントにいけるのかどうか・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/67-2336656e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。