アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEFLを受けてきました

昨日、TOEFLを受けてきました。
先日も書いたとおり、Columbiaに出願しないと決めていますので、今のスコアで出願先の要求水準を満たしてはいるですが、一方でもう少しスコアをあげておきたいという気持ちもありましたので、半分はリラックスして、でも半分は気合を入れてがんばってきました。
実は週の後半くらいから、風邪のせいかたまに咳が出るような感じになっていて、さらに試験中に咳き込まないように準備していたトローチを持ってくるのを忘れてしまい、リスニングの試験中に咳が出て問題が聞けなかったりしたらどうしよう、とちょっとドキドキしながら試験場に入りました。悪い予感は当たるもので、リスニングの途中に咳が止まらなくなり、講義の問題1問(講義の部分)が咳き込みながら何とか聞いているというような状態になってしまいました。(私自身にとっては自業自得なのですが、周りの皆さん、うるさくて申し訳ありませんでした。)
とはいえ、何とか咳はそれでおさまりました。が、今度はリスニングの最後の問題でいきなりパソコンの電源が落ちて、中断。試験センターの人が復旧に来てくれたのですが、集中力を維持することに注力していました。さらにリーディングの途中でもう一度電源が落ちたりして大変でした。足下の電源コードを引っ張ると電源が落ちることもあるようですが、神に誓って電源コードには触れていなかったんですが・・・。
リスニングはなんとなくできたかな、という印象を持っていたのですが、SとRはまぁ普通という感じでした。明らかに間違えたと自覚できたような問題はないのですが、何問かは「多分これだと思うんだけどなぁ」と思いながらマークをしていましたし。ところが、結果を見てみると・・・。
L 27、S/W 13-30、R 30で、合計が233-290でした。

さすがに自己最高は更新できそうです。しかもWritingのトピックもサンプル問題の中にあるものでしたし、かつ比較的書きやすいものでしたので、そこそこできたのではないかと感じています。Writingについては前回も「できた!」と思って4.5でしたので、あまり期待できませんが・・・。
とはいえ、手元にあるWritingとS/W合計点の関係表を見てみると、仮に4.5でもS/Wは27で、合計は280になります。
私の先輩で非常に英語のできる人がいるのですが、彼が留学前にPBT 650を取っていて、私も280をひとつの目標にしていただけに、それに近づくことができて素直にうれしいです。
さらに取らぬ狸の皮を数えてみます。まかり間違えてS/Wも満点などということになると合計は290で、PBT換算では667ということになります。
いずれにしても、これでTOEFLは心置きなく卒業できます。今まで溜め込んできた膨大な量のTOEFL対策本(もちろん、ほとんど手をつけていないものも多数あります・・・)を処分して、本棚を少しすっきりさせたいと思います。

出願手続きとの関係では、試験終了後にWashington (Seattle)とLSACにはスコアの通知をしておきました。試験終了直後に見られるスコア次第では、Writingの結果を待とうと考えていたのですが、今回のスコアではその必要もないと判断しました。

一方で、TOEFLのスコアがよかったからといって英語ができるようになっているわけではありませんので、英語力の向上に向けた努力はたゆまずにやっていこうと思います。
スポンサーサイト

コメント

気合入れさせてもらいました!

いや、見事なスコアですね。正直、うらやましいと共に、ちょっとガツンとやられた感じです。iBTなんかに寄り道してないで、きちんとCBTの(というか英語の)勉強をしていればよかったと、ちょっと後悔しています。
いずれにしても、再度気合を入れさせてもらいました。ありがとうございます! 私は明日最後のCBTですが、やれるだけはやってこようと思います。

  • 2006/09/17(日) 20:32:47 |
  • URL |
  • ぶんぶん #NdhKOZCE
  • [ 編集]

おめでとうございます。

bibliophageさん、こんばんは。
スゴイですね!爆発、おめでとうございます(笑)。
ちなみに電源落ちた後って続きから始まるんでしょうか?

  • 2006/09/17(日) 20:58:35 |
  • URL |
  • とまひれ #-
  • [ 編集]

ありがとうございます。

ぶんぶんさん、とまひれさん、ありがとうございます。
ぶんぶんさんは今日ですね。既に試験会場にいらっしゃるのかもしれませんが、健闘をお祈りしています。
私のは、「爆発」というか「暴発」といった感じです。同じスコアを取れといわれても絶対にムリです。正直まぐれです。
電源が落ちた後は続きから始まります。時間も落ちたところからでした。一旦問題から離れて再度集中することができたという意味ではプラスでしたが、その程度です。それよりも電源が落ちてびっくりしたほうのマイナスが大きかったような気はします。

  • 2006/09/18(月) 13:33:33 |
  • URL |
  • bibliophage #-
  • [ 編集]

すごいっ!

こんばんは。
すごいですね!自己最高得点獲得(ほぼ決まりですよね)、おめでとうございます!
しかも、もうほとんど満点ではないですか…。ただ、ただもう、尊敬申し上げます。これで心置きなく、その他出願準備に取り組めますね。引き続き、頑張ってください!

  • 2006/09/18(月) 23:21:34 |
  • URL |
  • Deacon #n9XDtvKo
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/03/21(金) 15:14:05 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

TOEFLの勉強法

TOEFLの勉強法についてご質問をいただきました。参考になるかどうかはわかりませんが、私がいいと思う勉強法を紹介させていただきます。
とにかくたくさん読んで、たくさん単語を覚えるというのがいいのではないかと思っています。TOEFLを受けるということは、その先に大学・大学院への進学という目標があるわけですから、そこで学びたい分野の本を読むのもいいと思いますし、それ以外でも自分の興味のある分野の本を読むのもいいと思います。とにかくたくさん読めば、覚えた単語が出てくる回数も上がりますし、そうすると一度覚えた単語も定着させやすくなると思います。
たくさん読んで、たくさん単語を覚えると、リスニングの成績も上がります(本当)。知らない単語は聞こえない(聞いても意味が分からない)ので、知らない単語があるとリスニングの文章の意味が取れない、ということになります。リスニングで意味が取れない原因は、単語を知っているが聞こえないのか、あるいは単語を知らないのか、というのを分析してみると自分の弱点が分かるような気がします。スクリプトを読んでも意味が分からないのであれば、読んで意味が分かるようにすることが先決ですね。
後はオーディオ・ブックも使っていました。本を2・3度読んで、そこに出てきた知らない単語も一通り覚えて、そのうえでオーディオ・ブックを聞いて分からないところは、「読めば分かるが、聞こえない」という部分ですので、そこをひとつずつ潰していけば、聞けるようになるだろうと思っています。
ライティングについては、少なくともCBT時代は、サンプル問題から出題されることが多かったように思います。ライティングは英語の文章を考える時間すら十分にあるとはいえませんので、サンプル問題を一通り読んで、それぞれの問題につき「どのような構成で、どのような内容を書くか」というのを事前に考えておくというのが対策として有効だと思っていました。私はなかなか文章が出てこないので、現場で「どんなことを書こうか」と考えている時間を極力短縮したかった、というのもありますが。
iBTは受けたことがないので、スピーキング対策をどうすればいいのかはよくわかりません。一般的なスピーキングのトレーニングとして、シャドーイングをやったりしていました。同じ文章のシャドーイングを繰り返し、とっさに口から出てくるようになるくらいにする、というのをひとつの目標にしていました。「ある程度定着したな」と思う表現があっても、なかなか使えるようにはなりませんでした。このあたりは英会話スクールにでも通って、実際に使う場面を増やす必要があるかな、と思っています。
英語の勉強法について何人かの方と話をさせていただく機会があったのですが、人それぞれですね。映画から入る人や、洋楽から入る人もいます。このあたりは趣味の問題かもしれません。私自身は、日本語であれ英語であれ、本を読むこと自体が好きだから「たくさん読む」というのがあっていたのだろうと思います。
結論としては、英語の勉強法はいろいろ紹介されていますので、それらを参考にしながら自分にあう勉強法を考えていく、ということになるのでしょうか。いずれにしても頑張ってください。

  • 2008/03/21(金) 16:02:11 |
  • URL |
  • bibliophage #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/80-fcb9bb0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。