アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Georgetownの出願準備

今のところGeorgetownのEarly出願に向けた準備を進めています。当初の方針を変更して、Washington (Seattle)への出願は、年が明けてから(=Georgetownの結果を見てから)検討することにしましたので、Georgetownが一番最初の出願校ということになります。先日も書きましたが、Columbiaへの出願も再検討していますので、仮にColumbiaのEarlyで出願するなどという暴挙をすれば、Columbiaが最初ということになりますが。

Georgetownは去年も出願の手続きに着手していました。Accountを作ったものの、出願を完了することなく、会社から留学延期が申し渡されました・・・。今年の3月初旬の出願期限直後になって、Georgetownから「出願期間は終了したが、まだ空席があるので出願を受け付けている。」という趣旨のメールが届きました。出願者が多くなかったのか、選考基準が厳しすぎるのか・・・。3月初旬でいっぱいではないというのは例年のことなのでしょうか?しかし、出願期限直前に出願する人の審査が終わっていないと思われる時期に、こういうメールを出すということについては少し不思議な気がします。

Georgetownでは通常のロースクールで求められる推薦状やpersonal statementのほかに、Registrar's Certification FormとGrading System Sheetの提出を求められています。

このうち、Registrar's Certification Formについては大学に送って記入してもらう必要があります。大学に電話をして確認してみたところ、「送ってくれれば、大学側で記入して送り返します。事務工期は英文成績証明書と同じく5日です。」ということでした。Registrar's Certification Formにどのように記入すればよいかよく分からなかったりするのですが、Georgetownに出願した人は過去何十人もいるでしょうから、私よりも大学の方のほうがよくご存知だろうと考え、丸投げしちゃいました。我ながら、大丈夫かな?とは思いますが、何とかなるでしょう。

Grading System Sheetは自分で記載するのですが、正直どう書けばいいかよく分かりません。留学経験のある先輩・友人にもらった資料の中にも、Georgetownのものは含まれていませんでした・・・。とはいえ、なんとなく参考にできそうなものはありますので、それを見ながら何とか埋めていこうと思います。

つい最近まで、GeorgetownのLL.M.はオンライン出願できないと思い込んでいました。データをウェブで入力していくと、最後に出願書類のPDFが出てくるので、それを郵送するというシステムになっていると思っていたのですが、ぶんぶんさんのブログを見るとオンライン出願もできるようですね。オンライン出願とはいえ、推薦状等、郵送が必要な書類は残りますので、手間はあまり変わらないような気はします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://donotdisturbme.blog50.fc2.com/tb.php/91-beb9f8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。