アメリカのロースクールへの留学を目指します

もうすぐ40才になりますが、子供もいますが、さらに自費になってしまうかもしれませんが、何とかアメリカのロースクールに留学したいと考えています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEFLの結果

予定通り先週の土曜日(3月11日)にTOEFLを受けてきました。
3月6日からの週は非常に多忙でして、睡眠不足が解消できないままの受験で非常に不安ではありました。
結果はL 25、S/W 12-29、R 27で、合計213-270でした。
それぞれのセクションで、あと1点ずつくらいほしいところです。言い訳になりますが、寝不足が影響してしまったのかな、とは思います。どうしても集中力が途切れてしまいますので。
もう一回は会社の費用負担でTOEFLを受験させてもらえますが、今のところどうするか思案中です。Wの結果次第ではこれで打ち止めでもいいかな、とは思っています。

今回の試験の準備では、ライティングに重点を置いていました。これまでは、試験終了時に表示される段階で既に1点減点されていた(S/W 12-28か13-29でした。要は試験終了時点で既にWは満点ではないということが明らかだったということです。)のですが、今回はWも満点の可能性があるということです。それだけでも十分満足しています。
内容についても、公開されているサンプル問題に載っている問題が出されました。一応考えていた問題でしたし、サンプル問題の中では私にとって比較的書きやすい問題でしたが、それでも完全に自信をもてるような回答を書くことはできませんでした・・・。難しいですね。
とはいえ、準備の効果は実感していますし、そこそこの手ごたえはありました。再度受験することになれば、サンプル問題のすべてについて、ある程度骨子を準備するということをしていきたいと考えています。

Rについてはだいぶ見直しをして完璧だと思ったんですけどねぇ。29くらいなら納得できるんですが、27とは・・・。文章のトピックスの1つが私のなじみのないものだったので、きちんと読めていなかったのかもしれません。ETSは背景知識の多寡は点数には影響しないということを言っているようですが、やはり影響しますよね。まぁ、それも仕方ないですけど。

TOEFLライティング対策

TOEFLのライティング対策として、TOEFLテストライティング・ゼミという本を買って読んでいます。
まだ読み始めたばかりですが、「テンプレート(ひな形)を使って解く」という考え方は非常に役に立つと思います。30分という短い時間である程度の長さの文章を書かなくてはならず、問題のトピックスも必ずしも自分の興味の対象とあっているわけではないということを考えると、やはりテンプレートを準備しておく必要があるのではないかと思います。
受験テクニックというにおいがプンプンして、そういう意味ではあまり好きなやり方ではないのですが、TOEFLにおいては高得点を取ることが必要ですので、とりあえず好きだろうが嫌いだろうが有効なものは何でも利用しておこうと思っています。
理想論にしたがって行動するほど若くはなくて良かったと思っています。

TOEFLの結果

書くのが遅くなりましたが、10月8日に受けたTOEFLの結果が届きました。L 24、S/W 25、R 27で、合計253です。Writingは4.0でした。WritingのスコアとS/Wのスコアは相関表どおりの関係です。
準備不足とか当日寝不足だったとか、言い訳はいくつかありますが、事実は事実として受け入れて頑張って勉強したいと思います。
昨日、English Journalの11月号を買ってきましたので、まずはそれをガンガン聞くようにします。とにかく英語を聞く絶対量が不足していると自己分析していますので。

【2006年2月16日追記】
やはりこのTOEFLのスコアには不満です・・・。次回(2006年3月11日)はL 26、S/W 29、R29で、合計280というのが目標です。あくまでも目標ですけどね、あくまでも。
最近はpod castingを利用して入手した音声ファイルを携帯電話で聞いたりしています。どこかにも書いたかもしれませんが、スクリプトがないのが玉に瑕ですが、多聴用には良いのではないかと思います。

TOEFL受けてきました

さっきまでTOEFLを受けてました。疲れました・・・。
スコアは全くダメでした。L24, S/W12-28, R27でトータルが210-263です。Writingが満点でようやく2年前に受けたやつ同じスコア・・・。現実的にはWritingは4.0か4.5というところでしょうから、WritingのスコアとS/Wのスコアの相関表に当てはめると、S/Wが25か26、合計でぎりぎり250に届くかどうか、という感じですね。もうちょっとできるかと思ったんですけどねぇ。次に受けるとすると11月ですから、出願に間に合いません。あきらめてこのスコアでいくしかないですね。
こうなると2年前に受けた試験が失効するとき(10月22日)までに出願したくなります。何とかこっちのスコアを使う道を探そうかな。
もう少し前から受けていればよかったと、いまさらながら後悔しています。へこむなぁ。
まぁ、すべてのロースクールで全く相手にしてもらえないというレベルでもありませんので、よしとするしかありません。
気持ちを切り替えて、今日からはエッセーの準備に注力します。

【2006年2月22日追記】
次のTOEFLは2006年3月11日に受験する予定です。上に書いている前回の試験から5ヶ月たってますが、もちろん(威張るような話ではありませんが)英語力が格段に向上しているということはありません・・・。
英語力はコツコツとした取り組みでしか向上しないと思いますし、これはこれで続けているつもりです。
今できるのは、同じ英語力でいかにTOEFLのスコアを上げるか、ということだけですね。どうしても受験テクニック的なものに走らざるを得ないのです。本質的には意味がないというのは百も承知ですが、現実に対応する必要があるというのもひとつの本質だと言い聞かせて頑張ります。

TOEFL受験が近づいてきました

TOEFLが近づいてきました。もともとの予定より1週間遅らせた分だけ、準備が進みました。TOEFLを申し込んだときに考えていた準備はできたと思います。とはいえ、実際に受けてみるまで分かりませんので、相当緊張しています。
2年前に受験したときより少しでもいい点が取れればそれで十分なんですが・・・。

【2006年2月20日追記】
次回(3月11日受験予定)の目標は280です。L26, S/W29, R29という感じでしょうか。もちろん、あくまでも目標です。2年半前のスコアより少しでもいい点が取れればそれでいいんです。
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。